とも蔵のLAゆるるん滞在記

ロサンゼルス在住のとも蔵が背伸びしないリアルなLA生活の様子をゆる〜く配信します。

赤いきつねと緑のたぬきのちょっと○○な話

こんばんは、とも蔵です。

 

本日はバスケットコートから離れて、違うトピックで。

 

何がでるかな?何がでるかな?ってことで、

 

『赤いきつねと緑のたぬきのちょっと○○な話』

 

略して~、

 

『このバカチンが~っ!』

 

はいっ、とゆーわけで

 

マルちゃんの、"赤いきつねと緑のたぬき"にまつわるエピソード。

f:id:Tomozo310:20170414083112j:plain先日、珍しく家でどん兵衛を食べていました。どん兵衛かいっ!

 

いつもはマルちゃんの"赤いきつねと緑のたぬき"を買うのですが、

 

たまたま近所で安売りをしていたので、普段高くて買えない"どん兵衛"の赤と緑を2個ずつ購入。

 

そうです。ロサンゼルスでも、"マルちゃんとどん兵衛"は買えるのです。

 

とある日の夜中。寝る前に小腹がすき、、、

 

そうだ。あれがあったんだ。。。思い出しました。

 

そして私は夜間にもかかわらず、ヤカンに軟水クリスタルガイザーを入れ、

 

ヤカンをアカンというまで怒らせ、お湯を注いで5分待つことにました。

 

緑の方でした。

 

私のお腹の中に備えられた時計の長い方の針がちょうど4周したくらいのタイミングでした。

 

中の様子が気になり、少し覗き見したところ。。。

 

いい湯に浸かって鼻歌を歌いながら完全にオフモードになっていた麺たちと目が合ってしまったので、残りの1分を待たずにバリカタ気味で食べました。

 

そしてその時、私は身を震わせるある重大な事実に気づいたのです。。。

 

 

そばじゃないっ!

 

俺食ってんの、そばじゃないっ!

 

眠い目をこすり、熱いお湯を注いだ容器を確かめました。

 

緑色でした。

 

それから恐る恐る、パッケージラベルを見ました。そうです、お湯を入れる時にペリペリ剝がされる部分です。

 

その瞬間、私のハートに何か先の尖ったもので突き刺されたような衝撃が走りました。

 

f:id:Tomozo310:20170414084707j:plain

 

"うどん"ですやんっ!

 

緑なのに"うどん"ですやんっ!

 

しかも、"きつね"って書いてはる〜。

 

幼少からマルちゃんで育ったうちら世代からしたら、完全に目が真んマルちゃん。

 

緑は"たぬき"でしょーがーっ!そして緑は"そば"でしょーがーっ!

 

だって金八先生がゆーてたもん。

 

赤いきつねと緑のたぬき!って。。。

 

ほら、みてみー。

f:id:Tomozo310:20170414085423j:plain

それから慌てて、購入した赤の方を見た。 

f:id:Tomozo310:20170414085556j:plain

うそーーーーーーーんっ!

 

赤は"きつねうどん"でしょーがーっ!

 

ほらー。

f:id:Tomozo310:20170414120015j:plain

 

 

ってことでね。。。

 

 

正直、今回みんなをガッカリさせたかもしれない。

みんなの貴重な時間を無駄にしたかもしれない。

そんなこと書くなよと思われたかもしれない。

 

でも、知らなかったから。私にとったら、かなりのビッグニュースだからっ!

 

知らないままこんな歳になっちゃってたから、ただちょっと心がついてこれなかっただけ~。。。

 

マルちゃんは、緑のたぬきそば。赤いきつねうどん。

どん兵衛は、緑のきつねうどん。赤い天ぷらそば。

 

僕はねー、"日清どん兵衛の天ぷらそばの西日本と東日本の味が違う"とかそんな高いレベルの話をしたかないんだよっ!

 

 

それ以前のねー、超ベーシックな問題なんだよっ!

 

 

でもさ、最後に。。。

 

 

カッコいいよっ。どん兵衛、カッコいいっ!

 

どん兵衛っ。。。お前は男の中の男だっ!

 

僕ら世代からしたらさ、うどんやそばは、完全にマルちゃんの赤いきつねと緑のたぬきで育った世代なわけさ。

 

菊池桃子と井森美幸がどん兵衛もってブラウン管に登場したのは小学校高学年だったからね。後のせサクサクっ。。。

 

コンビニ入って、あの大きなカップ麺のフィールド。

 

もちろん一番目立つひな壇には、大御所のBIGスターである日清カップヌードル。恋のから騒ぎでいったら1列目の美人だね。

 

そして2段目の脇くらいに座る、うどん、そば。このあたりにいったらパッケージを見ないでも緑、赤の色でそばやうどんと認識するはず。

 

これだけ"赤はうどん"で"緑はそば"って日本全土の国民が洗脳されてた時代なのに、そこを敢えて逆にしてマーケティング戦略した日清どん兵衛さん。

 

カッコえぇわ~。ちょっと惚れるわ~。

 

なんか、大学のマーケティングの授業で見せられたビデオを思い出した。

 

当時、絶大なる人気のあったコカ・コーラが、ペプシの新しプロモーション戦略によってでシェアを奪われた時代の。

 

f:id:Tomozo310:20170414122814j:plain

まだコーラ飲んでるの?古いわね。私たちはペプシ・ジェネレーションだからっ。

 

のような革命をコンビニのあの一角でやっていたかと思うと。。。

 

ビールもそうです。圧倒的にシェアが多かったキリンビール独り勝ちの時代に、アサヒスーパードライはマーケティング戦略で天下を奪ったのです。

 

 

 

あ、いけねっ。

 

その時にはもー深夜1時を回っていました。

 

明日まだ水曜だから、歯磨いて寝よ。。。

 

 

明日の朝でいっか~。