クラフトビール探検家・とも蔵のLAゆるるん滞在記

蝶のように酔い、蜂のように寝る。ロサンゼルスに暮らすただのIPA好き。

ブラッド・オレンジから作られたIPA【本日のクラフトビール 15杯目】

 

 

どーも、こんばんはー。

 

 

 

ともぞーです。

 

 

 

 

どーですか、みなさん、ブリュってますか〜!?

 

 

 

 

えー、今日は『本日のクラフトビール』のコーナー。

 

 

 

最近、出逢ったクラフトビールについて。

 

 

 

それがこちら

 

 

はい、ドンっ!

 

f:id:Tomozo310:20180624021728j:plain

Blood Transfusion / IPA with Blood Ogange

Brewery(ブリュワリー): Track 7 Brewing Co.

Location(場所): Sacramento, CA(カリフォルニア州・サクラメント)

ABV(度数): 6.30%

IBU(苦味): 55

Style(種類): IPA

 

 

こちらのビールは、ブラッド・オレンジから作られたIPAです!

f:id:Tomozo310:20180624021807j:plain
f:id:Tomozo310:20180624021751j:plain

 

 

ジャケットも個性的なデザインでイイっすね!

 

絶妙で繊細なカラーリングとゆるいイラストのタッチ、そしてユニークなフォント。一回見たら覚えるね。

 

 

ちなみに、Blood Transfusionって輸血って意味ね

 

 

それ踏まえてもう一度グラフィック見ると、オモシロいよ

 

f:id:Tomozo310:20180624021814j:plain

 

てかさ、そもそもブラッド・オレンジってなんぞや?

 

 

簡単に。

 

 

一般的にみんなが想像するオレンジよりも色が濃く、血のような色合いからブラッド・オレンジと名付けられた

 

f:id:Tomozo310:20180624023713j:plain

産地としてはイタリアなんかが有名ですが、ここアメリカでも栽培されとるっす

 

普通のオレンジよりもやや小さいが、甘みはよりあると言われてます。みなさん、どっかで会ったら是非試してくんさい。

 

 

 

さっ、それでは飲んだ味の感想を

 

f:id:Tomozo310:20180624021750j:plain

 

とってもサッパリした味

 

IBUは55。苦味は弱いです。ABVは6.3%と軽め。

苦味、度数低め、消極的な味なので、一杯目に最適ですね。

 

 

匂いもすごく弱いっす。

 

グラスに鼻をつけたら、痛い。

 

 

けど、

 

 

グラスに鼻を近づけて、オイニーをクンカ クンカしても、そこまで香らない。

 

 

後味は苦味はなし。喉を過ぎ去ってからブラッド・オレンジのふんわりした風味が抜けて、いい香り。

 

 

鼻に抜ける感じは、トロピカルな南国の花、ハイビスカスとかを嗅いだ時のような爽快感あるいい香り

 

 

パンチはないが、今まで経験しなかった面白いユニークな味だったので、

 

 

 

このビール

 

 

星、四つ!

 

ともぞー指数 ★★★★☆

 

 

みなさんも巷で出逢ったらお試しあれ 

 

 

 

そーいや、最後に小話

 

 

さーて、ここで一つ目のクエスチョン!

 

 

イキナリ!?

 

 

 

カリフォルニア州の州都とは、一体どこでしょう?

 

 

州都は英語でCapital City(キャピタル・シティー)

 

 

みなさん、カリフォルニア州の州都はロサンゼルスじゃないですよ!

カリフォルニアで恥かいちゃいますよ。

 

 

 

カリフォルニア州のキャピタル・シティーは、サクラメントです!

 

 

 

そう、このブリュワリーはカリフォルニア州のサクラメントにあります。

 

 

 

以前カリフォルニア州知事をしていたシュワちゃんだって妊活中。いや、任期中、ずっとサクラメントでお仕事をしていたわけだ。

 

 

f:id:Tomozo310:20180624025524j:plain

 

 

ちなみに、NBAのチームでゆーと

サクラメント・キングスですね。

 

f:id:Tomozo310:20180624025718p:plain

 

リッチモンド、懐かしい。。。

 

 

僕の子供の頃のスーパースターだ

 

 

それでは、今日はこの辺でお開き

 

 

 

いやー、ビールって本当に素敵な飲み物ですね!

 

 

 

それでは、みなさん

 

 

 

ほなまた、ほなまた、ほなまた!