とも蔵のLAゆるるん滞在記

ロサンゼルス在住のとも蔵が背伸びしないリアルなLA生活の様子をゆる〜く配信します。

念願のディスクユニオン昭和歌謡館に行ったときのお話

 

 

 

 

こんばんは、ともぞーです。

 

 

 

 

今日はレコードのお話。

 

 

 

 

前回、冒頭から話が脱線し過ぎて書けなかったトピック。

最初っからレールに乗っていなかった。反省。。。

 

 

 

 

昨年、日本に一時帰国したときにはじめて行って参りました。

 

 

 

ディスクユニオンの昭和歌謡館!

 

 

f:id:Tomozo310:20171105050439j:plain

 

 

ここはインスタグラムきっかけで知ってね、次に日本帰ったら絶対訪れようと思ってた行きたいとこリストのかなり上位にランクインしていた場所。

 

 

 

先日のジョニー・キャッシュの記事でも書いた通り、

何を隠そう私ともぞーは、古いものフェチであります!

 

 

フェチ具合を綴った記事はこちらから↓

tomozo310.hatenablog.com

 

 

 

音楽ではオールディーズと呼ばれる、50年代アメリカの古い曲が好きであります。

 

 

最近ではレコードにハマったことがきっかけで、40年代、30年代のジャズやスウィングともっと古い時代に興味が湧いてきました。

 

 

音楽だけでなく、車やファッション、ヘアスタイルなど50sカルチャーそのものが好きです。

 

 

そしてアメリカだけに留まらず、

日本のオールディーズカルチャーも好きなわけであります。

 

 

 

もちろん、昭和歌謡曲も大好物っ!

 

 

 

そんなわけで昭和の名曲レコードを買いに、念願のディスクユニオン昭和歌謡館へ行ってきやしたー。

 

 

 

お店の場所は、新宿。

東南口から降りるのが一番近いのかな?

 

 

なぜか中学生から新宿へ行くと東南口から降りたがるB型の頑固なクセがある。

人混みの東口が嫌なのもあるが、中央線上りの一番前の車両なんで比較的すいてるし。

 

 

 

 

お店はどーやら、地下。

この細い階段を降りたらあるようです。

 

 

f:id:Tomozo310:20171105052553j:plain

 

 

 

ドキがムネムネしてまいりましたー。。。

 

 

階段を下ると、松本典子がお出迎えしてくれましたよ。

 

f:id:Tomozo310:20171105052806j:plain

 

 

やっべ。。。

 

ジャケット、かっけー!

 

 

期待値アズMAX!

 

 

松本典子と言ったら歌手よりも、『志村けんのだいじょうぶだぁ』で田代まさしの相方をやっていたという印象の方が強い。

 

 

マーシー、元気かなぁ。。。

シャネルズ大好きなのに。

 

 

細くて短い階段を抜け、店内にいざ、、、

突入ーーーーーーっ!

 

 

f:id:Tomozo310:20171105053228j:plain

 

 

ぬ、ぬおーーーーーーっ!

 

やべーーーーーっしょ。

 

 

吉川晃司!モニカっ!

 

 

f:id:Tomozo310:20171105053447j:plain

 

 

うわっ。

清志郎!坂本龍一!

カッケーーーーー!ヤバすぎる。

 

 

右下の人、なんか食ってるしーーーー!

やっべー。どーなってんの、ここーーー。

 

 

 

あれ、こっちには、

 

f:id:Tomozo310:20171105053855j:plain

 

 

ゴーでーす!!

 

 

ぬおー、ヒロミ郷ーっ!

 

 

すげーーーーー。

めっちゃ角刈りやーーーーん。

 

 

散髪屋の人がバリカンでサイドをGO! GO!いっちゃったのかなー。。。

 

 

 

ジャぺーーーーンっ!

 

 

 

とまぁ店内を見渡すだけで、それはそれは大興奮。

 

 

学生ん時のハワイ旅行ではじめて外国のエロ本屋に入り、プレイボーイの表紙だらけの店内を見渡したときのような興奮状態に近いものがあった。

 

 

今でも忘れない。ワイキキ通りから数本裏に入ったとこにあった、ポルノ大学とゆー胡散臭い日本人がやってた店。

 

 

案の定、胡散臭かったけどね。もーとっくに潰れてるはず。

 

 

これが人生初めての海外留学。

ポルノ大学ハワイ校プレイボーイ学科

 

 

 

それはさて置き、

 

f:id:Tomozo310:20171105055059j:plain

 

とにかく、ラジオ体操ばりに首を回しまがら店内を見渡す。

 

 

上、下、上、下、右、左、右っ!

 

 

前、後、前っ!

 

 

f:id:Tomozo310:20171105055339j:plain

 

 

足を曲げて屈伸運動もしなくては、下のレコードが見れません。

 

 

昭和の名曲、むっちゃ置いてるやーーーん!

 これはスゴい数だ。

 

 

 

意外だったのが、お客さんは自分よりも若い20代の子たちが多かったこと。 

そしてリアルタイムのレコード世代、50代以上の方が目立った。

 

 

お店自体はおっきくない。むしろ小さくて狭い。

 

 

店内通路は誰かレコードを漁っている人がいたら、

少しコートをこすりながら通り抜ける狭さ。

 

f:id:Tomozo310:20171105055633j:plain

 

 

石原軍団のボスもいまっせ。 

 

 

品数的には、CDもあるがほとんどがレコード。

そしてレコードの大半が7インチのドーナツ盤。

 

f:id:Tomozo310:20171105055926j:plain

 

 

これも前の記事で書いたけど、

 

この頃の僕は7インチのレコードを持ってなかったので、45回転の音質に興味深々。

だし、12インチのLP盤だと高いし、今回は試しにドーナツ盤を何枚か買うことにした。

 

 

 

あ、僕の好きな聖子ちゃんもちゃんといましたよ!

さすが永遠のアイドル、聖子ちゃん。

 

 

聖子ちゃんスマイルでコーナーを占領してました。

 

f:id:Tomozo310:20171105060440j:plain

 

 

フレッシュ!フレッシュ!フレーーーーーッシュ! 

 

 

かーーーーわーーーーーいーーーー!

聖子ちゃん、かーーーわーーーいーーーー!

 

 

僕はこの日、4枚のレコードを購入して店を出た。

 

 

入る時には気づかなかった、とんねるずのレコードを階段で発見。

 

f:id:Tomozo310:20171105062435j:plain

 

一気!

 

もー禁止です。時代は禁じてます。

 

我々は一気で先輩方から社会勉強をさせて頂きましたがこのご時世、若い世代の方はこんな飲み方はしません。

 

 

いやー、 結局一時間くらい物色したかな。

すごい楽しかった。

 

 

 

また、次日本に帰ったらレコード買いに行こうと思う。

昭和フェチにはたまらんですわ。

 

 

そして僕がこの日に買ったレコード達はこちら。

はい、ドンっ!

 

f:id:Tomozo310:20171105062713j:plain

 

松本典子は買いませんでしたが、相方のマーシーはゲット。

ランナウェイはベタ過ぎたが、シャネルズは好きなので良しとしよう。

 

 

平山三紀さんの『真夏の出来事』は以前、ともぞーレコードの記事にしています。

tomozo310.hatenablog.com

 

 

他の3枚も追って記事にしていく予定です。 

もー1年以上前の予定でしたが。。。

 

 

 

まぁ、焦らず。ゆっくりと。

 

 

最後に、平山三紀さんのレコードの動画貼っておきます。

レコード音質で聞きたいなって方はワンクリックしてみてください。

 

www.youtube.com

 

 

いやーー、

時代と時代、人と人を繋ぐレコードって本当に素晴らしいですよね!

 

 

 

それでは、ほなまた、ほなまた、ほなまた!