読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とも蔵のLAゆるるん滞在記

LA在住のとも蔵が背伸びしないリアルなLA生活の様子をゆる〜く配信します。

ついに今日開幕っ!NBAプレーオフを100倍楽しく観戦する方法!Part 2

こんばんは、とも蔵です。

  

はい、来ましたっ。ついにこの日がやってきました。。。

 

今日からです。今日ついに開幕します。

 

NBAプレーオフっ!

 

f:id:Tomozo310:20170415200016j:plain

 

ヤバいです。ただ今、深夜とゆーか朝方の4AMぴったりです。

 

変な時間にソファーで寝てしまって、真夜中に起きてから、、、

ついにはじまるNBAプレーオフのせいで興奮状態で二度寝できません。

 

 

さて、先日のアップした記事『NBAプレーオフを100倍楽しく観戦する方法!Part 1』でレギュラーシーズンからプレーオフまでの流れを説明しました。

 

 

そして今日はより深くプレーオフについて説明していこうと思います。

 

前回伝えたように昨秋から始まった長いレギュラーシーズンでの戦績で、ウェスタン・カンファレンス、イースタン・カンファレンスの両リーグから、上位8位のチームがプレーオフに進出します。

 

f:id:Tomozo310:20170415202035j:plain

 

こちらが今日から始まるプレーオフのトーナメント表です。

 左がウェスタン・カンファレンス。右がイースタン・カンファレンスです。

 

 

各々のチームロゴの左肩もしくは右肩に小さく数字がふってありますね。

それがシードと呼ばれるものになります。

 

簡単に言うと、プレーオフに選ばれた8チームの順位です。ふられている数字1というのは、リーグ内で順位1位のチームということです。

 

長いシーズンを通して順位が1位のチームですから、プレーオフで一番有利な場所に置かれるべきですよね。

それがシード1と呼ばれる場所です。

 

もう一度トーナメント表を見てもらえば分かるように、

1位のチームは8位のチームと。

4位のチームは5位のチームと。

3位のチームは6位のチームと。

2位のチームは7位のチームと。

 

Round1でぶつかります。スポッチャじゃないですよっ。

プレーオフの一回戦目をRound 1と言います。ベスト16の段階ですね。

 

そして、次に2-2-1-1-1フォーマット。

 

プレーオフでは、先に4勝したチームが次のラウンドに進出します。

 

先日も述べたように、アメリカのメジャースポーツでは、ホームのチームが圧倒的に有利になります。

 

アウェイのチームは四六時中、敵地の観客からブーイングを浴びせられます。

 

アウェイのチームのフリースローの時なんかは集中力をなくすためにブーイングがさらに激しくなります。

 

f:id:Tomozo310:20170415204108j:plain

 

ですので、

 

お互いが均等に試合をできるように、NBAでは2-2-1-1-1フォーマットが適用されています。

 

例えば、ウェスタン・カンファレンスのラウンド1、ロサンゼルス・クリッパース対ユタ・ジャズの場合。

1試合目、2試合目はロサンゼルス。

3試合目、4試合目はユタ。

5試合目はロサンゼルス。

6試合目はユタ。

7試合目はロサンゼルス。

という順序で先に4勝した方が次のラウンドへ進出するわけです。

 

ですので、1ラウンドでは、最大7試合までになります。

(ちなみに英語だとRound 1のGame 1~7と表記します。)

 

上の説明を見ると、「したら1,2試合目をホームでやるチームの方が有利じゃないかっ!」と思う方もいるかもしれません。

 

確かにそうです。有利なんです。なので、レギュラーシーズンの順位が高いチームが有利なポジションに置かれます。

 

 

最後に今シーズンのプレーオフですが、

 

2月25日、ゴールデンステート・ウォリアーズ(以下GS)がNBA史上最速でプレーオフの進出を決めました。

 

こちらは昨シーズン、GSが記録した日数よりも2日早くのプレーオフ進出となりました。ステフ・カリー(正式名はステファン・カリー)率いるGSは2年前のチャンピオンです。

 

昨シーズンのチャンピオン、キング・レブロン(レブロン・ジェームスの愛称)率いるクリーブランドは、3月19日にイースタン・カンファレンスで今シーズン一番早くにプレーオフ進出を決めました。

 

因縁のGSとクリーブランドの対戦に関しては、話が長くなりますので、次回の

『NBAプレーオフを100倍楽しく観戦する方法!』でお話しします。

 

 

それでは最後に、今日から始まるプレーオフのカッコいい映像でお別れしましょう。

 

いやー、バスケって本当に素晴らしいスポーツですね。

 

それでは、ほなまた、ほなまた、ほなまたっ!

 

www.youtube.com